【広告】

山形県米沢市 日帰り おきたま温泉 賜の湯(たまのゆ)

 

親戚の家に行ったときにいつも行く「おいたま温泉 賜の湯(たまのゆ)」

きょうも伯母とふたりで連れだって出かけました。

とても居心地がよい場所なので、多くの方に知ってほしく思いアップします。

 

 

こちら入口です。

 

f:id:yammydishes:20150212212554j:plain

 

f:id:yammydishes:20150212212618j:plain

 

駐車場に着くと目の前が建物です。入り口が二つあって左側が賜の湯、右側は「レストラン  ロハス」の入り口です。建物内ではつながっています。

 

 

 

 

自動ドアはいると下駄箱。

冬の山形、どこへいっても長靴率多し。長靴感がほっとするって、私も雪国の女なんだなと嬉しいやら悲しいやら、いや悲しくはないけど セレブ感はありませんね、セレブでもないけれど。私も長靴です。

 

 

受付の方々。ネットにのせてもいいかお聞きして許可頂きました。

温泉の効果って受付の方顔色ツヤをみれば一番よくわかります。お二人ともツルツルですよね。

f:id:yammydishes:20150212212058j:plain

 

このお二人のほかに女性2人お見かけしたことがあります。ローテーションなのかしら。

賜の湯のスタッフの方々はどなたも福々しい笑顔をいつも見せて 下さいます。気軽にお話できるところ、こまめになにげなくお掃除しながらお客さんの近くにいること、それが居心地のいい場所を作り出していると思います。

 

この受付の隣にある発券機で入浴券を買います。300円です。

 

 

 受付前にあるお買い物コーナーです。温泉を利用してお野菜も作っているようでこの季節ないようなお野菜あったりします。

f:id:yammydishes:20150212212704j:plain

写真を撮っているわたしの後ろにはアイスクリームや「レストランロハス」の米沢牛すじ肉のデミグラスシチューのレトルトも売っています。アイスはだだ茶豆アイスとかおいしそうだった。

 

賜の湯さんに来る前伯母から「ヤマザワ」でお寿司パック買って貰っていたのでこちらでは購入しませんでした。

 

この売り場の前を通り過ぎ入浴場へ。

お風呂の写真はありません。今日は平日3時ごろにかかわらず結構込んでました。

 

 

泉質はアルカリ性単純泉 PH7.8だそう。

 

 

泉質の見方は良くわからないのですが、私は賜の湯さんのお風呂に入った日は夜すとんと眠れます。体が温まるのはまぎれもないです。ほかに言えるのは、無心になるというか、力が抜けるというか、悩みが軽くなるというか。賜の湯さんはなにか「気がいい」んだと思います。

 

 

お風呂のカランからでるお湯も温泉水です。

露天風呂も気持ちいい。露天風呂の向こうは雪の大平原ですよ。

 

サウナや砂蒸し風呂もあるようですが私は利用したことがありません。

米沢でゆっくりできる時に2階の休憩所を利用しつつレストランで食事したりマッサージ受けたり蒸し風呂入ったり、そんな風に1日でいいから過ごしてみたいな。

 

 

 

f:id:yammydishes:20150212212716j:plain

 

階段上がると休憩所です。いまだと雪の大平原のパノラマが見れます。テーブルが置いてあって、食べ物の持ち込みも可。「レストランロハス」からの出前も出来ます。

 

写真の奥に「レストランロハス」はあります。

前回妹と来て食事をしたときは、 800円以上のお食事だったので温泉チケットが貰えました。

 

 

今回は休憩なし。

伯母と私は写真左手のベンチでしばし牛乳とお水で汗を静めて賜の湯をでました。

 

まとめ

山形は各市町村すべてに温泉がある温泉県です。米沢には市内に日帰り温泉が3軒あるほか小野川温泉、白布温泉の有名どころの旅館もあります。

その中で賜の湯さんの特徴って何と聞かれたら、「お客さんの為に」というこころを感じるということ。掘ってみたら温泉がでたので、独り占めせずみんなで利用できるよう賜の湯を作ったという話も聞いたことがあります。お値段も10年据え置きの300円。ありがたいな~。そんな賜の湯さんの心が居心地のよさになっているのだと思います。

 

賜の湯(たまのゆ)さんのホームページです。


おきたま温泉「賜の湯」山形県米沢市