【広告】

山形県米沢市 懐石風イタリア料理の店「リストランテ喜右エ門」

 

 

畑の中の小さなリストランテ喜右エ門に行ってきました。

山形県米沢市にある懐石風イタリア料理の店、「リストランテ喜右エ門」に行ってきました。

リストランテというのはイタリア語で「レストラン」の意味です。るるぶ山形2015年版でこちらのお店を見て、2週間前から米沢に行く計画を立て楽しみにしていました。それなのにこんな雪。車でそろそろと向かいます。

f:id:yammydishes:20150210124558j:plain

駐車場にはこんな雪でも既に車がありました。さすが「るるぶ」で紹介されるだけのことはあります。

 

外観

外から見ると、小さな建物。かわいい個人のお宅で迎えられるかんじかな。少人数しか入れないのかなとそっと入店。こちらは靴を脱いでスリッパに履き替えて中に入るのですね。こんな雪の日、玄関は長靴率が多かったです。敷居が高くないお店なのだなと安心してはいることが出来ました。

f:id:yammydishes:20150210125317j:plain

 

入店します

玄関あけたらこんな感じ。

 

f:id:yammydishes:20150210125329j:plain

f:id:yammydishes:20150210130227j:plain

 

啓翁桜が飾ってあって、山形らしいなと思いました。

啓翁桜は早咲きの桜で山形が生産日本一になっています。春が待ち遠しい・・・雪深い地方だから春を待つ気持ちが強いのでしょうね。店内はお外の寒さもなんのそのほっこりした暖かさです。

店内へ

店内は外からの見た目と違って案外広いです。20席がゆったりと配置されてました。

ピアノ、ギターなども置いてありました。音楽をききながらのディナーイベントも時には開催されているようです。

土足ではないので店内床が清潔でぴかぴかなのが気持ちよかった。靴に締め付けられてないから気分もゆったりできるのかな。

 

 

 

頼んだのはレディースランチ。

 

3種のパスタの中から1つ選べます。私は「喜右ェ門畑の「玉ねぎ」とベーコン、トマトソースの「アマトリチャーナパルミジャーノ・レッジャーノをかけて」というのを選びました。

 

 

席にメニューが運ばれました

初めに前菜、そしてパンとポタージュ

f:id:yammydishes:20150210135826j:plain

 シンプル、に見えます。

ほうれん草はオリーブオイルを使った味付け。

 

おまめとエビには、玉ねぎも入ってました。マリネというのかしらん?この味付けがおいしかったので、パン用にオリーブオイルが出ましたが、空になったおまめの器の中に注いでパンを浸して食べました。

 

一番左はサーモンのムースだそう。檸檬もはいっているのでさわやかなお味。お口の中でとろんととろけるのを楽しみました。

 

 

そしてポタージュはカブの味わい。私、カブのポタージュは初めて!美味しい!やさしいやさしいお味!いつまでも食べてたいって思ったけど、なくなっちゃった!器が空になって悲しく思うことは多々ありますが、このカブのポタージュもそんな一品でした。

 

シンプルに見えて、本当は手の込んだお仕事をされているのだろうなと感じられました。

 

 

器が空になって悲しくなっていたら、頼んでいた「喜右ェ門畑の「玉ねぎ」とベーコン、トマトソースの「アマトリチャーナパルミジャーノ・レッジャーノをかけて」が運ばれてきました。

f:id:yammydishes:20150210141447j:plain

 まずはチーズのかかっていないところをすくって一口。

アレ? コショウが効いてる。前菜まで薄味だったのに、ここにきてパンチがきいた味に感じられました。辛いとか濃すぎるという意味ではないんです。素材の味になれた舌にはちょっとのコショウのアクセントが深く感じられました。

 

 

ちなみに、さきほど「チーズ」と書きましたが、メニューに冠された「パルミジャーノ・レッジャーノ」はイタリアを代表するチーズの名前だそうです。このブログを書くにあたりWIKIで調べました。チーズの王様とも書いてありました。

 

 

チーズの王様と聞いて、なるほどね~と納得したのがあの味わい。

一口目にチーズのないところを食べたあと、二口目からは徐々にチーズをからめて食べました。どんどん説明のしがたい複雑な味になっていく。ことばじゃなく口の中全体で、深く感じたくなるような味わいだったんです。パスタがなくなったあと、ソースが何口か分お皿に残ったのですくって味わった至福のひととき。

 

 

f:id:yammydishes:20150210145659j:plain

 

 

 デザートが運ばれる頃にはお腹がいっぱい。

飲み物は選べます。私は紅茶を。

f:id:yammydishes:20150210150301j:plain

どれから食べようかな。

 

紅茶はあつあつのダージリン(と思う)

くちどけのよいショコラクリーム。

パンナコッタは器が深めで結構量が入ってました。私にはこの半分でもいいぐらいのボリューム。

一番最後に苺を食べて完食です。ごちそうさまでした。

 

まとめ

 

パスタソースが美味しくて後から出たデザートを食べる時にパスタソースの味が口から消えるのが惜しいとさえ思いました。

デザートを食べている間はやはりデザートの味わいになりますが、不思議とあとからでもあの思い出せる深みのある「アマトリチャーナ」の味わい。お昼でこのメニューなので夜グラスワインでディナーコースもきっと美味しいだろうなと想像しています。


山形県米沢市の懐石風イタリア料理の店 喜右エ門 |喜右エ門菜園